ED治療薬の使用期限は?

EDとは、勃起不全のことを指します。
欲求はあるのに満足に勃起しない、勃起してもあまり固くならない、持続しない、すぐに元に戻ってしまう、等の症状があります。
原因としては、日常の中で無自覚にストレスを蓄積してしまう、不規則な生活、過度の飲酒、喫煙、等があると言われています。
このような症状を改善するために利用されるのが、ED治療薬というもので、日本では、バイアグラやレビトラ、シアリスが有名かと思われます。
これらの薬も、他の治療薬と同様に、使用期限や消費期限というものがあります。
決められた期限を過ぎたものを摂取すると、体の調子を壊したり、十分な結果が得られないことがありますよ、という期限のことです。
病院でもらう処方箋には、使用期限や消費期限が記載されていないことが多々あります。
処方される薬剤は、長くても2週間分ほどで、症状が回復すれば残りは破棄することがほとんどであるためです。
しかしED治療薬というものは、人によって使用頻度や服用する割合も異なります。
一定保存することも視野にいれて処方されるため、使用期限を記載している医院もあるようです。
体内に含むものですから、このような項目はきちんと確認しておきましょう。

ED治療クリニックを選ぶ時のポイント

多くの男性がEDに悩んでいることを受けて、この日本でもED治療を行っている病院やクリニックがたくさんあります。
そういった医療機関を選ぶ時のポイントについて記述をします。

ED治療をしたくてもなかなか行動に移すことができない理由の一つに恥ずかしさがありますが、昨今は男性だけのスタッフで構成されている場合もあるのでこういった場所を選ぶことで安心です。
中には実際にEDを経験したカウンセラーが相談にのっているところもあり、こういった医療機関は非常に人気となっています。
同じ悩みを経験した者同士だからこそ話せることもあり、親身になって対応をしてくれると大変好評です。
このような医療機関を見つけることができれば、誰にも言えずに一人で悩んでいた日々から脱却をすることができるのです。

しかし自分の自宅や会社の近くにこういった場所がないという人もいます。
そういった場合にはインターネットを利用してED治療を行っている機関を調べることで、自分に合った場所を見つけることができます。
無料で閲覧することができるクチコミサイトやランキングサイトを参考にして病院やクリニックを選んでいる人も決して少なくありません。
まずは、専門家の治療を受けることが大切です。

バイアグラ以外のED治療薬はどう違うのか

ED治療薬と言えばバイアグラが有名ですが、バイアグラ以外にも多くのED治療薬があります。
レビトラやシアリスなどです。

効果自体はどれも同じです。
服用することで、勃起しづらい状態から、スムーズに勃起できるように改善されるのです。
違うのは、効果の出方や持続時間です。

具体的にどう違うかというと、まずバイアグラは服用後30分ほどで効果が出てきます。
レビトラはそれよりも早く、15分ほどで出てきます。
シアリスは3時間ほどと、かなりゆっくり効果が出てきます。

効果の持続時間は、バイアグラとレビトラは約5時間です。
シアリスは、ゆっくりと効果が出る分持続する時間も長く、服用量にもよるのですが最大36時間ほどとなっています。

また、服用するべきタイミングも異なっています。
バイアグラとレビトラは食べ物や飲み物の影響を受けやすく、そのため空腹時に服用した方が効果が出やすいです。
一方シアリスは、ゆっくりと体内に吸収される薬なので、食後に服用しても問題ありません。
つまりいつでも服用できるのです。

1錠あたりの大きさや価格もそれぞれ異なっています。
バイアグラには25mgと50mgのものとがあり、価格は1500円前後です。
レビトラとシアリスはそれよりも小さく、10mgと20mgです。
価格は1500円から2000円くらいです。